英会話の3秒ルール

 

知ってましたか?
英会話の3秒ルール

英会話の3秒ルールについて簡単にまとめてみました。

WHAT
3秒ルールって何?

3秒以内で返答する
考えていることや言いたいことは、3秒以内でまとめて言う。

英語圏では沈黙の許容範囲が大体3秒位です。

WHY
3秒ルールの理由

3秒以上の間をあけると気まずい雰囲気になる
3秒以内で反応がないと状況判断に困り嫌がられる

また、相手が次のように判断してしまうことも多いです。

話に興味がないので、あなたは話を続けたくない
または
相手に無関心か相手が嫌いなので、あなたは話たくない

その他、あなたは不審な人怪しい人と思われることもあります。

HOW
3秒ルールの対策方法

瞬発力を鍛えるトレーニングをする
日本語の回線と同じように英語の回線(英語脳)を作る

最初は単語だけでもいいので、何か言う様にする
つなぎ言葉、相槌などを利用して沈黙を続けないようにする

英語圏の人の我慢できる沈黙が3秒位と言われています。
なので、実際は即1,2秒位で答えられる様にする方がいいです。

実際の練習方法などは、次の機会に投稿したいと思います。

FB投稿ページ

「ちょっと今いいですか?」を英語で言うと

「英語で自分の名前を言う時」

「英語の相槌 Absolutely と Absolutely not」

「Anyway」と「Anyways」の違いって何?

その他の表現は 英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。
体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター    http://twitter.com/nea_english