「Anyway」 「Anyways」の意味 と 使い方

「Anyway」 と 「Anyways」 の違いって何?

「Anyway」の意味は「とにかく / どのみち」です。

口語では、話題を変える時とか前の話に戻る時、話の途中で結末や結果、あるいは大事な事や重要な事だけを言いたい時、または会話やメールなどを終了したい時に使います。

「Anyways」の意味は “anyway” と同じ「とにかく / どのみち」です。

使い方も “anyway” と同じです。

本当は “anyway” のはずだけれど、会話やメールなどで結構使っている人がいるのが、このスラング “anyways” です。

但し、レポートを書く時とかテストの時はもちろん、親しい間柄以外では “anyway” を使った方が無難です。

「Anyway」 を使った例文

Anyway, I have to get back to work.
とにかく、私は仕事に戻らなくてはならない。

Anyway, it was good to see you again.
とにかく、また会えて良かった。

「Anyways (スラング)」 を使った例文

Anyways, let’s take a break!
とにかく、一休みしようよ!

Anyways, I gotta get going.
じゃあ、(とにかくそういうことで) そろそろ行かないと。

FBの投稿ページ

「揚げ出し豆腐」に関する英語の表現  

「Congrats! / Grats!」の意味と例文

「紅葉(こうよう)」に関する英語の表現

「lately/ recently/ these days の意味と使い方」

その他の表現は英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。

体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english