「英語で自分の名前を言う時」

自分の名前を言う時は a)b)c) どれを使って言ったらいいでしょうか?
a) I’m …
b) My name is …
c) This is …

「自分の名前を言う時の使い分け」をまとめてみました。

a) I’m …
普通、初対面の挨拶時に自分の名前を言う時に使います。
初めまして~です、よろしくと相手1人に対して言う時です。
カジュアルに言いたい時は、I’m を省略して名前のみ言います。

ビジネスシーンでも初対面の挨拶時は、通常 I’m … を使って
自分の名前を言うことが多いです。

また、日本は名刺交換は最初ですが英語圏は最後の別れ際が多いです。
例えば、この電話番号に電話下さい、このアドレスにメール下さい、または私の連絡先はこちらですと言って連絡先の交換をします。

b) My name is …
基本改まった言い方なので、名前はフルネームで言う事が多いです。
面識がない人に初めて自分の名前を名乗る時で自分の名前が重要、自分の名前を覚えておいて欲しい時に使いますが、初対面の挨拶時ではなく通常自分の名前を言った後に自分の事を何か続けて言う時に使います。

1) 皆の前で自己紹介をする時に使います。
クラスや会合やテレビ等で自分の名前を言った後に、職業、出身地、住んでいる所、趣味など何か自分のことを少し話す時です。
また、フルネームでは都合が悪い時やカジュアルに言いたい時は
名前をファーストネームのみで言います。

2) 会議やプレゼン、スピーチの時に自分の名前を言う時に使います。
自分の名前の他、役職名、会社名等の後に今から~について話しますと言う時です。

3) 自分の名前が重要、又は覚えておいてもらいたい時に使います。
例えば受付で予約をしてある~です、面会に来た~ですと言う時です。

I’m…と言う時は普通相手が自分の事を聞いた事や会った事がある時で、よりカジュアルな言い方になります。

c) This is …
普通、電話で自分の名前を言う時に使います。

This is … … (speaking).
名前の後に speaking を付けても言えます。

カジュアルに言いたい時は It’s … (speaking).

This is や It’s を省略、名前の後 speaking 又 here とだけも言えます。

電話で My name is … と名乗る時は相手が自分のことを聞いたことがなく、また会ったこともない場合に、自分の名前と~さんお願いします、の他に用件等を言う時に使うことがあります。

I’m…と言う時は普通相手が自分の事を聞いた事や会った事がある時で、よりカジュアルな言い方になります。

通常は、用件を言う、言わないに関わらず、電話では This is … または It’s … を使って自分の名前を言う、あるいは自分の名前の後 speaking 又 here をつけて言うかです。

ちなみに This is … は、人を紹介する時にも使います。
例えば、知人に同僚を紹介する時など、その人の名前を言う時、
こちらが(この人が)~さんですと言う時です。

*簡単にまとめてみると*
a) I’m … 初対面の挨拶時に自分の名前を言う時
b) My name is … 皆の前で自分の名前を名乗る(自己紹介)時/
または自分の名前が重要で強調したい時
c) This is … 電話で自分の名前を言う時

*ワンポイント*
初対面の挨拶時や電話で自分の名前を言う時は、相手が聞き取りやすいように、はっきり、ゆっくり言った方が、わかってもらいやすいです。

FBの投稿ページ

「英語で相手の名前を聞く時」

「酔いのレベル」段階別に英語で言うと

「帰省する」英語で言うと

「接客英語」挨拶 いらっしゃいませ

その他の表現は英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく英語が習えます。

体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english