「帰省する」は英語で


 

GWや年末年始などの休みに帰省する人は多いと思います。

「帰省する」と言う時は休暇を利用して離れて暮らしている親に会いに行く、
実家に帰ると言う意味で使うことが多いと思います。
なので英語で言うと次の3つのうちのどれかを使った言い方が良いと思います。

1) Visit (my parents)
(両親) に会いに行く → 実家に帰る、帰省する
*Visit は基本的に会いに行く、見に行くと言う意味です。
特に目的があって誰かに会いに行く、またはその場所に行く。
その他、正式にどこかを訪問する、訪れると言う時にも使います。
どちらかと言うと近くではなく県外や国外で遠めの所へ行くイメージです。

<例文>
I visit my parents twice a year.
私は年2回帰省します。
(年2回両親に会いに行きます。)

2) Go to see (my parents)
(両親) に会いに行く →  実家に帰る、 帰省する
*Go to see は Visit よりはカジュアルな表現です。
遠くなくても近くに住んでいる(親)の所へちょっと行ってくると言う時にも使えます。

<例文>
He’s going to see his parents in Tokyo.
彼は東京にいる両親に会いに行くつもりです。

3) Stay with (my parents) / Stay at (my parents’ house)
(両親) と過ごす、(両親の家) に泊まる → 実家に帰る、帰省する
*Stay は留まる、泊まる、滞在すると言う意味です。

<例文>
I’ll be staying with my parents this weekend.
今週末は実家に帰り両親と過ごします。
She stayed at her mother’s house for a few days.
数日、彼女は母親の家に泊まりました。

「補足説明 1」
Hometown は故郷の意味です。
普通は自分や誰かの故郷の話や地元を紹介をする時などに使う表現です。
Visit my hometown は自分の故郷を訪ねる、故郷へ行く、と言う意味になります。
どちらかと言うと、既に故郷に実家はなく親兄弟親戚も住んでいない状況の時の言い方です。
なので visit my hometown は実家に帰る、帰省すると言う意味ではあまり使わない表現です。

「補足説明 2」
Return や Go back は基本的に元に戻ると言う意味です。
前いたところに戻り、そこでずっと暮らす、過ごすと言う意味が強いです。
なので、普通は休暇でちょっと帰ると言う意味では使わないです。
<例>
Return to my hometown
自分の故郷に帰る、地元に戻って生活する
Go back to my parents’ house
一時的ではなく自分の実家に帰り両親と一緒に住む

「補足説明 3」
Go home の意味3つ
1) 帰宅する、今住んでいる家、自宅に帰る。
2) 故郷に帰る、自分の国に帰る。
3) 家族の住んでいる家に帰る。
例えば、親から離れて寮等に住んでいる学生が家族のもとに帰る。
この場合は特にいつ帰るか、またどの位の期間かを一緒に言う事が多いです。
<例文>
I’ll go home for Christmas.
クリスマスには家に帰ります。

話す相手が一緒に住んでいる人や自分の家族、故郷にいる人などの場合、
自分が話す相手の方へ行く場合 go home でなく come home にして言います。

FB投稿ページ

「写真を撮ってもらえますか」英語で言うと

「旅行」を意味する英単語 1

「イギリス英語」

I don’t know. I’m not sure. I have no idea. 使い分け  

その他の表現は 英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。
体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター    http://twitter.com/nea_english