酔いのレベル別英語表現

「酔いのレベル」段階別に英語で言うと

1) 「ほろ酔い」状態の時は「Buzzed」または「Tipsy」
少し酔っている、酔いが回ってきた時に使う表現です。
ちょっと “a little” や “a bit” と一緒にして言うことも多いです。

<例文>
I’m feeling a bit buzzed.
ちょっとほろ酔い気分。
She looks a little tipsy.
彼女少し酔ったみたいだね。

2) 「酔っぱらっている」状態の時は「Drunk」
かなり酔って酩酊した時に使う表現です。
また “a little” “so” “really” 等と一緒にもよく使います。

<例文>
I’m not drunk yet.
まだ酔っぱらってはいません。
He’s getting really drunk.
彼、かなり酔っぱらってきたな。

3) 「ぐでんぐでんに酔っている」状態の時は色々言い方はありますが
例えば「Plastered」「Trashed」「Wasted」「Smashed」など。
酔いつぶれている泥酔いの時に使う表現です。
また “so” “really” “totally” 等と一緒に使うことも多いです。

<例文>
He’s totally plastered.
完全に酔いつぶれてるよ、彼。
I was so wasted last night. I can’t remember anything.
俺、昨夜泥酔いしてたから何も覚えてないんだ。

4) 「酔って正体がなくなっている/意識を失っている」時は
「passed out」 を使って表現します。
昏睡、酔って寝てしまっている状態に使う表現です。

<例文>
I think he was completely passed out.
彼、完全に寝ちゃって全然覚えてないみたい。

*飲んでいない時*
「しらふ」の状態の時は「sober」
お酒が入っていない時、または酔いがさめている時に使う表現です。
「酔いがさめる/酔いをさます」と言う時は「sober up」を使います。

<例文>
Are you sure you are sober?
本当にしらふなの?
You need to sober up fast.
あなた、早く酔いをさまさないと。
I’m sobering up.
酔いはさめてきたよ。

FB投稿ページ

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。

体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  をご覧下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english