「会話に出てくる英語表現」

映画やドラマにも出てくる次の口語表現は、いつ使う表現でしょうか?

1) I know, right?
2) I knew it!
3) How should I know?

1) I know, right?
意味は「だよね」「そうそう」「うん、わかる」「でしょー」等です。
相手が何か言ったことに対して同意する時に普通使います。
相槌の 1 つとしてアメリカで使われているカジュアルな口語表現です。
また、略した IKR は SNS やチャットでもよく使われています。

<会話の例>
A: This is great.
これ、最高。
B: I know, right?
ね、でしょうー。

2) I knew it!
意味は「やっぱりね」「そうだと思ってた」「思った通りだ」等です。
自分が思っていたことが予想通りだったと言いたい時に使います。
言う時は knew にアクセントを置き knew を強めに言います。
That’s what I thought. と同じような意味です。

<会話の例>
A: He got promoted to a manager.
彼、マネージャーに昇格したよ。
B: I knew it!
やっぱり!

<I knew it と I knew that の違い>
I knew it!
「knew」を強めに言い「やっぱりそうだった!」「そう思ってた!」
I knew that! 「that」を強めに言い「そんなこと知ってたよ!」「言われなくてもわかってた!」きつい言い方になります。

3) How should I know?
意味は「知らねーよ」「聞かないで」「分かるわけないよ」等です。
そんな事聞かれても知っているわけないだろと言いたい時に使います。
I don’t know より、きつい言い方、イライラ感のある言い方です。

<会話の例>
A: Do you know how old she is?
彼女の歳知ってるかい?
B: How should I know?
知ってるわけないじゃん、そんなこと。俺に聞くなよ。

<注意したいポイント>
今回の表現は 3 つともカジュアルな口語表現でくだけた言い方です。
相手や状況によっては使わない方が良い時もあります。
また、親しい間柄でも相手によってはこういう言い方を嫌う人もいます。

自分で使う時の目安は、まず自分が相手と親しい間柄であり、相手も自分に対してそういう表現を使っている、また文脈から判断して使って良い状況にある時です。

映画やドラマ、またテレビの朝番組やトークショー等で出てきた時に、どういう相手にどういう状況で使っているのか注意して聞いてみるといいと思います。

  FB投稿ページ

「お店で使える英語の表現」

「イッキ見」を英語で言うと

知っていると得する「Almost」のこんな使い方

「Anyway」と「Anyways」の違いって何? 

その他の表現は 英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。

体験レッスンは、名古屋栄で実施しています。
入会前に、どんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくは、ウェブサイトの 体験レッスンページ をご覧下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english