「お店で使える英語の表現」

<お店で使える超簡単表現3つ>
「extra …」
「less …」
「no …」

レストランやカフェ、バーなどで注文する時に使える表現です。
好きな物は多め、嫌いな物や食べられない物などは少なめ、
または~抜きでと頼む時に使えます。

1. 「extra …」
何かを多めに、または余分にと言いたい時に使えます。

<例文>
Extra rice, please.
ライス大盛りください。

Can I have an extra plate?
お皿一枚余分にもらえますか?

I’ll have a burger and fries with extra ketchup, please.
ハンバーガーとポテトにします。ケチャップは多めでお願いします。

2. 「less …」 または 「easy on (go easy on)」
何かを少なめに、または控えめでと言いたい時に使えます。

<例文>
Less mustard, please.
マスタード少なめで。

Easy on the ice, please.
氷少なめにして下さい。

Can you go easy on the salt, please?
お塩、控えめにしてもらえますか?

3. 「no …」 または 「without … 」「hold …」
~抜きで、~無しでと言いたい時に使えます。

<例文>
No wasabi horseradish, please.
わさび抜きで。

I’ll have a margarita on the rocks without salt.
マルガリータ、ロック塩無しでください。

Hold the lettuce, please.
レタス抜いてください。

Can I have three double cheeseburgers, no onions, please?
ダブルチーズバーガー3つ、オニオン抜きでください。

 FB投稿ページ

「急用ができてしまって」「ちょっと用事ができた」英語で言うと

「時は薬なり」「時が解決してくれる」を英語で言うと

「使わない方が良い英語の表現」その 3

「Would you like (to) …? / Do you want (to) …?」の意味と使い方

「知っているとボキャブラリーが増える接尾辞 -ful と -less の意味」

その他の表現は英語の表現集一覧 から選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく英語が習えます。

体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  をご覧下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english