どんな状況?

次の1) 2) 3) は、どう言う状況の時のことでしょうか?

1) awkward situation
2) sticky situation
3) win-win situation

それぞれの意味と使い方を説明してみたいと思います。

1)
「awkward situation」
気まずい状況、
バツが悪い立場。

難しい状況と言うよりは気まずいと言う時に使う方が多いです。

例えば、相手の名前を忘れてしまった時や間違えてしまった時、
前付き合っていた人に偶然会った時などに気まずく感じる時です。

<例文>
It’ll be an awkward situation.
気まずい状況になるだろう。

That was the most awkward situation I’ve ever experienced.
あれは今までで一番気まずかった。

2)
「sticky situation」
厄介な状況、
難しい状況、
困った状況。

特に身動きが取れないほど困った状況、
大変なことだと言う時に使います。

例としては、同時に2つの場所に行かなければならなくなった時
その選択をどちらにするか。
その他いろいろあると思いますが、秘密や嘘がばれた時も
この状況に入ると思います。

<例文>
I got myself into a sticky situation.
厄介な状況に陥ってしまった。

He’s in a sticky situation.
彼は抜き差しならない状況で困っている。

3)
「win-win situation」
双方に有利な状況、
どっちにしても得な状況。

お互いにメリットがある、あるいはどっちに転がろうが損はなく
得する状況の時に使います。

ビジネスシーンでも、よく出てくる表現です。

例えば、双方にメリットがあり互いに得する話だと言いたい時です。
あるいは、何かが成功せず失敗に終わっても損はないので
どっちに転がろうが OK と言いたい時です。

ちなみに、
互いに不利な状況、
どっちにしてもまずい状況、
どっちに転んでも損する状況の時は、
「lose-lose situation」と言います。

<例文>
It’s gonna be a win-win situation.
どっちに転んでも大丈夫だぞ。

That was a lose-lose situation.
あれは、どっちにしてもまずい状況だった。

This sounds like definitely a win-win situation.
これは絶対メリットがある話のようだ。

FB投稿ページ

「Ball を使った英語の表現」 

「花粉症の時に使える英語の表現」

「写真を撮ってもらえますか」英語で言うと

相手に座ってもらう時の表現4つ

その他の表現は英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。

体験レッスンは名古屋の栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english