「花粉症の時に使える表現」

「花粉症を英語で言うと」

花粉症は英語で普通 hay fever と言うことが多いですが、pollen allergy や allergy to pollen と言う表現も使えます。

「花粉症の時に使える表現」

1.
「花粉症だ」と言いたい時は、風邪だと言う時と同じく‘have/has’ 又は ‘have got/has got’ を使って言います。
“have got/has got” は、have/has のカジュアルな口語表現です。

<例文>
I have hay fever.
私は花粉症です。

She has a pollen allergy.
彼女は花粉症です。

He’s got an allergy to pollen.
彼は花粉症だ。

2.
「何のアレルギーか、何の花粉症なのか」と言いたい時は、(have/have got/has/has got) + an allergy to + (Japanese cypress pollen ヒノキ花粉) または (be動詞) + allergic to + (ragweed ブタクサ)、‘to’ の後にアレルギーの原因となる物を言います。

日本はスギやヒノキ、イギリスは芝、アメリカはブタクサが原因の花粉症が多いようですね。

<例文>
I’m allergic to Japanese cedar pollen.
私はスギ花粉アレルギーです。

I’ve got an allergy to ragweed.
わたしブタクサ花粉症なの。

Our dog has an allergy to grass.
うちの犬は芝アレルギーです。

3.
「花粉症で辛い、悩んでいる」と言いたい時は、‘suffer from’ を使って言えます。

<例文>
I’m suffering from hay fever.
花粉症で悩んでいます。 (花粉症が辛いです。)

花粉症の辛さを知っている人には、I have hay fever. 私は花粉症ですと言っただけで辛いとわかってもらえますが、ひどいと言いたい時は ‘bad’、かなりひどい ‘really bad’ や ‘terrible’ を使うと辛いことがよりわかってもらえると思います。

<例文>
I’ve got really bad hay fever.
俺かなりひどい花粉症だよ。

4.
「花粉症に参っている、すごく辛くて死にそう」と言いたい時は、‘killing me’ を使って言えます。スラング的くだけた表現です。

<例文>
My hay fever is killing me.
花粉症には参った。(花粉症が辛くて死にそう。)

5.
「花粉症の症状を言う時」

<例文>
My eyes are itchy. / I have itchy eyes.
目がかゆいです。

My eyes are red. / I have red eyes.
目が充血している。

My nose is running. / I have a runny nose.
鼻水が出ます。

My nose is congested. / I have a stuffy nose.
鼻が詰まっている。

I can’t stop sneezing.
くしゃみが止まらない。

FBの投稿ページ

その他の表現は英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく英語が習えます。

体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english