「sorry I’m late と sorry to be late の違いと使い方」

(I’m) sorry I’m late” と “(I’m) sorry to be late
待ち合わせの時間や会議、クラス等の開始時間に遅れた時に、「遅れてすみません」と言う時はどちらを使ったらよいでしょうか?

a) I’m sorry (that) I’m late.
遅れて着いた時に「遅れてごめんなさい」と謝る時は、普通 “I’m sorry I’m late.” の方を使って言います。
カジュアルに言いたい時は Sorry I’m late. 遅れてごめん

会話の例
A: I’m sorry I’m late. The traffic was really bad.
遅れてすみません。渋滞がひどくて。
B: Don’t worry about it. I just got here, too.
気にしなくていいですよ。私も今着いたばかりです。

今遅れて来たのではなく前に遅れたことを謝りたい時は、
Sorry (that) の後を過去形にして言います。
I’m sorry (that) I was late.
遅れたこと申し訳ありません。

b) I’m sorry to be late.
この文は
1. 今遅れている状態なので、すみませんが遅れて向かっています。
2. 遅れることを残念に思っているので、残念ながら遅れています。
と訳せますが、遅刻の時には通常この表現は使いません。

例えば、支払い等が今遅れている状態ですみませんと言う時には使えます。

遅刻時に既に到着していて今遅れてきたことを謝る時は、
通常 a) を、
まだ着いていない時に遅刻します、または遅れますと謝る時は、
普通
(I’m) sorry I’m going to be late.
または (I’m) sorry I’m running late.
を使って言います。

会話の例
A: Sorry I’m going to be 10 minutes late.
ごめん、10分遅れます。
B: No worries. I’ll see you in a little bit then.
オッケー。じゃあ後で。

A: I’m sorry I’m running late. I’ll be there in 5 minutes.
申し訳ありません、遅れています。そちらにはあと5分で着きます。
B: No problem.
構いません、大丈夫です。

注意したいポイント
I’m sorry to + 動詞の原形 は、
現在の状況や今している、または今からしようとすることや起こることに対して残念、気の毒に思う時やすまなく思う時に通常使います。

例文
I’m sorry to hear that.
それは残念だ。お気の毒です。
(今それを聞いて気の毒、残念に思う)

I’m sorry to bother you, but could you please help me?
お手を煩わせてすみませんが、手伝って頂けませんでしょうか?
(すまないけど、今から手伝ってもらいたい)

I’m sorry to keep you waiting. I’ll be with you in a minute.
お待たせして申し訳ありません。すぐ参りますので少々お待ち下さい。
(今待たせている状況にあることをすまなく思う)

FB投稿ページ

その他のお勧め投稿記事

「~味」「~風味の」英語で言うと

「暑い」の英語の表現いろいろ 

「lately/ recently/ these days の意味と使い方」

「知っていると便利な日付の書き方、読み方」「誕生日の言い方」「西暦の言い方」 

その他の表現は 英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。

体験レッスンは、名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  をご覧下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english