「日付の書き方、読み方」「西暦の言い方」「誕生日の言い方」

 

# 日付の書き方 / 読み方

日本は年、月、日の順番で書きますが、アメリカ式は月、日、年の順、
イギリス式は日、月、年の順に書きます。
<例>
2012年7月12日
-米国式: July 12th, 2012 = July 12, 2012 = 7/12/2012 (月、日、年の順番)
-英国式: 12th July, 2012 = 12 July, 2012 = 12/7/2012 (日、月、年の順番)

曜日を入れる時は、米国式、英国式とも最初に書きます。
<例>
2012年4月8日、日曜日
-米国式: Sunday, April 8, 2012 (曜日、月、日、年の順番)
-英国式: Sunday, 8 April, 2012 (曜日、日、月、年の順番)

日付は基数詞で書いても通常序数詞で言います。
<例>
-米国式: May 10 (May tenth または May the tenth)
-英国式: 10 May (tenth May か the tenth May
又はMay the tenth か the tenth of May)
*イギリス式は the をつけて言う事が多いです*

序数詞の作り方は「基数詞」「序数詞」のページを参照して下さい。

# 4桁の年(西暦)の読み方 / 言い方

1. 1000年~1999年

1) 1000: one thousand

2) -00 で終わる場合、通常 hundred を使って言います。
<例>
1600: sixteen hundred
1900: nineteen hundred

3) 10 の桁が 0 の場合、通常 oh を使って言います。
<例>
1004: ten oh-four
1901: nineteen oh-one
1906 nineteen oh-six

4) その他は通常 2桁に分けて言います。
<例>
1010: ten ten
1225: twelve twenty-five
1919: nineteen nineteen
1999: nineteen ninety-nine

2. 2000年以降

1) 2000年
2000: two thousand

2) 2001年~2009年は、通常 2桁に分けずに言います。

<例>
2001: two thousand one またはtwo thousand and one
2006: two thousand six またはtwo thousand and six

*イギリスでは and を付けて言う事も多いです。

3) 2010年以降は、言いやすい方で言います。
または、カジュアルに言う時は2桁に分けて言います。

<例>
2010: two thousand ten か two thousand and ten
またはtwenty ten

2011: two thousand eleven か two thousand and eleven
またはtwenty eleven

2012: two thousand twelve か two thousand and twelve
またはtwenty twelve

*イギリスでは and を付けて言う事も多いです。

# 誕生日を聞かれた時の答え方
+When is your birthday? あなたの誕生日はいつですか?
-My birthday is (March 5th). 私の誕生日は (3月5日)です。
=My birthday is on (March the 5th).
=It’s (the 5th of March).
=It’s on (the fifth of March).

**日にちは通常序数詞で言います**

序数詞の作り方は、「基数詞」「序数詞」のページを参照して下さい。

「基数詞」「序数詞」

「知っていると便利な数の言い方」

その他の表現は英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。

英会話の体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター    http://twitter.com/nea_english