会話に出てくる hit the … 表現

「hit the books」
「hit the roof」
「hit the road」

動詞の hit の基本的な意味は、打つ、たたくです。
その他、行く、する、接触する等いろいろな意味があります。
上の3つはカジュアルな口語表現です。
それぞれ、どう言う意味でどう言う時に使う表現か少し説明します。

1. 「hit the books」
一生懸命勉強する、熱心に勉強する、と言う時に使います。
また、単に予習や復習、授業の準備などの勉強をすると言う時にも使います。

<例文>
Sorry, I can’t hang out this weekend. I have to hit the books.
ごめん、今週末遊べないよ。勉強しないといけないんだ。

If you have two exams tomorrow, you should hit the books today.
明日2つテストあるなら、今日はしっかり勉強したほうがいいよ。

2. 「hit the roof」または「hit the ceiling」

1) 頭にくる、激怒する、カンカンに怒ると言う時に使います。

<例文>
His parents will hit the roof when they find out what he did.
彼の両親は、彼が何をしたか知ったら激怒するだろう。

I don’t know why she hit the ceiling.
どうして彼女がカンカンに怒ったかわからない。

2) 価格や相場が急上昇する、また天井を打つと言う時にも使います。

<例文>
The price of gas is hitting the roof.
ガソリンの価格が急上昇している。

The stock price hit the ceiling.
その株価は天井を打った。

3. 「hit the road」
(車で)出発する、旅に出る、立ち去る、家に帰ると言う時に使います。

<例文>
It’s getting late. Let’s hit the road!
遅くなってきたから、行こうよ(帰ろうよ)!

I have to hit the road very early tomorrow morning.
明日の朝、私すごく早く出発しなければならない。

この他にも “hit” を使った表現は色々ありますが、例えば
「hit the hay」「hit the sack」は寝ると言う意味です。
I’m really tired. I’m going to hit the hay (sack).
すごく疲れているから、もう寝ます。

また 「hit the bar バーに行って飲む」
「hit the gym ジムに行って運動する」と言う表現もあります。
Let’s hit the bar! バーへ行こうよ!
Let’s hit the gym! ジムに行こう!

FB投稿ページ

「今日はいい天気だ」の英語の表現いろいろ

「バーで使える英語」

「知っていると便利な日付の書き方、読み方」「誕生日の言い方」「西暦の言い

「知っているとボキャブラリーが増える接尾辞 -ful と -less の意味」

その他の表現は英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく英語が習えます。

体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  をご覧下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english