Will you を使うとまずい時

Will you ~は、日本語で~してくれますかと訳されることが多いですね。

また、Will you …? = 丁寧な依頼や勧誘と思っている日本人がとても多いです。

実際は違うので、普通どういう時に Will you …? を使うかまとめてみました。

<Will you …? の意味と使い方>

1) 命令形に please を付けた文と殆ど変わらない。

~してくれますか?
→ ~してください。

<例文>
Will you carry my bag?
私のカバン、持ってください。

2) 基本的には、相手がそれをする気持ちがあるかどうか意思を確認するために聞く時の表現:

~してくれますか?
→ (~する、してくれる気はありますか?) ~してください。

<例文>
Will you help me with this?
これ、手伝ってください。

*相手の都合や状況などを考慮した頼み方ではなく、それをしてくれる気持ちがあるのかどうか相手に確認する言い方です。

*相手が返答に困り気まずい雰囲気を作ってしまう場合もあるので、使う時は要注意な表現です。

*また、相手から I can, but I won’t. (出来るけどやらない、全くそれをする気がない、やれるけど絶対やりたくない) と返事されることもあると思います。

皮肉や意地悪に聞こえるかもしれませんが、Will you を使って相手がそれをする気があるのかどうかを聞いたなら、仕方のない答えだと思います。

3) 絶対そうしてもらいたい、断られたくないお願いやお誘いに使う時:

~してくれますか?
→ (絶対~して欲しいので) ~してください。

<例文>
Will you go out with me?
私とデートして下さい。

*相手の都合や状況などを考慮した聞き方ではなく、言い方によっては強引にも聞こえるので、使う時は要注意な表現です。

*前提として、相手がそれをすることが可能で断らないことが分かっている、またはその可能性が高い時に使う表現です。

4) 相手がしなければならない、又はすることになっている当然の指示や命令をする時に使う時:

~してくれますか?
→ (~することになっているので・指示するので) ~してください。

<例文>
Will you phone him?
彼に電話してくれ。

Will you fill out this form?
このフォームに記入してください。

*例えば、上司が部下に仕事上で何かをするように指示、命令する時、または役所などで申請書類に記入、署名する必要がある場合に、職員が申請者に記入、署名を促す時などに使われる表現です。

*上から目線的で強制的にも聞こえる言い方なので、使う時は要注意な表現です。

<Would you…? について>
Would you…? も、基本的には Will you …? と 同じで相手の意思を聞く言い方です。

Will you …? よりは控えめで丁寧な聞き方にはなります。
また、丁寧さのある指示、命令にもなります。

例えば Would you do this for me? は、
これを私のためにして頂けますか?
→ これを私の為にしてくださるお気持ちありますか?
→ (是非お願いしたいので) これを私の為にして頂きたい。
または、これを私の為にしてくれたまえ。

Would you…? も、相手の都合や状況などを考慮した言い方にはならず、使う状況や相手が限られてくる表現です。

言い方や状況により強制感や苛立ちを伴って言っている様に聞こえる場合もあるので、使う時は注意した方が良い表現です。

ちなみに、自分のして欲しいことを相手がわざわざしてくれると言ってくれた場合などには、本当にそうしてくれるの嬉しい有難うの意味で、
カジュアルに言うなら Will you? (Will you really do that for me?)、
丁寧に言うなら Would you? (Would you really do that for me?) 等と、言う事はよくあります。

「気をつけたいポイント」
Will you…? で聞かれた時に断る場合の返事に No, I won’t. と言うと、絶対に嫌、やらない、いらない、言い方がきつく聞えることが多いので、普通は別表現を使って言うようにした方が無難です。

<何か頼まれた時の返事の例>
Sure. / OK. / No problem. いいですよ。構いません。
Yes, I will. はい、必ずします。(うん、絶対やるよ)
Sorry, I can’t do it right now. ごめん、今それ出来ないんで。
Maybe later. 後でなら。
I’m sorry I can’t. 悪いけど出来ません。

<何か勧められたり誘れた時の返事の例>
Yes, please. はい、お願いします。
No, I’m fine. Thank you. いえ、大丈夫です。やめときます(いりません)。
I’d love to. 是非(そうします。お願いします)。
I’m sorry I have other plans. 他に予定があるので、ごめんなさい。

「Will you …?を簡単にまとめてみると」

<Will you …? を使う時>
1) それをする気があるのかどうか聞く時 (相手の意思の確認)
2) 絶対そうして欲しいと頼む時やお誘い (相手に断られたくない依頼や勧誘)
3) そうすることを指示、命令する時 (相手がするべき当然の指示や命令)

<Will you …? を使うとまずい時>
1) 相手が目上、初対面、見ず知らずの人の場合。
2) 親しい間柄でも、それをする気持ちがあるかどうか聞くのが失礼な時。
3) 是非して欲しい依頼や勧誘でも、相手が出来ない、または断る可能性が高い時。

FB投稿ページ

その他のお勧め投稿記事

「仕方ない」「しょうがない」英語で言うと 

「接客英語」挨拶 いらっしゃいませ 

  相手に座ってもらう時の表現4つ

「使わない方が良い英語の表現」その1

「ややこしい前置詞」On In 乗り物編

その他の表現は 英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。
体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター    http://twitter.com/nea_english