アメリカのバーで使う表現

 

アメリカのバーでは、カウンター越しに注文する際に支払い方法をこんな風に聞いてくることがよくあります。

アメリカの映画やドラマでバーのシーンに出てくることもある表現です。

覚えておくと便利なので幾つか紹介します。

Would you like to open a tab?
つけにしておきますか?

Do you want to run a tab?
つけにしますか?

アメリカでは請求書や勘定、伝票のことを口語でtabと言います

このつけは、注文の合計をまとめて最後に1つのカードで払う意味です。
つけ払いにすると同時にカードをお店に預けます

最初のドリンク代をカードで払った後には次の様に聞かれることもあります。
Would you like me(us) to keep your card open?
カードをオープンにして、つけ払いにされますか?

また、友達などの分も自分のカードで払いたい場合は put … on my tab を使って言えます。

You can put his drinks on my tab.
彼のドリンク分も私につけておいてください。

全て注文が終了し会計をすませたい時は次の様に言って勘定をしめてもらいます。
Can I close my tab?
勘定しめてもらえますか?

I’d like to close my tab.
勘定をしめてもらいたいのですが。

会計時の精算が終わったらカードを返却してもらいます。

気を付けたいこと1
最初に自分のカードが使えるかどうかを一応確認しておくと良いと思います。

普通はVISAやMaster Card付きのカードは使えることが多いですが、JCBや他のカードは使えないこともあります。

また、支払いは現金のみ扱いのところもあります。
こちらも注文する前に確認しておくと良いと思います。

気を付けたいこと2
何度も毎回注文ごとにカード払いにすると、バーテンダーに嫌がられることがあります。

2回位までは注文ごとに現金払いやカード払いでも良いと思います。

注文が数回かそれ以上になるようなら、現金扱いのみ以外の所では最初からカードで付けにする方が良いかと思います。

つけにしてもらえますかの聞き方の例
Can I start a tab?

気を付けたいこと3
チップは忘れないで払うようにしましょう。

つけにして最後にカードで全部まとめて払う場合は合計の15%から20%位が目安です。

注文ごとに払う場合は、場所にもよりますがビールやワインなどは1ドリンクにつき1ドルから2ドル位、カクテルやウィスキー等は3ドルから4ドル位が現在の相場のようです。

注文はカウンターでして席にドリンクを持って来て座る場合も注文ごとにチップを払います。

テーブル席に座りサーバーが注文を取りに来る場合は、普通のレストランと同じで会計は最後になり通常カード払い、現金払いどちらでもOKですが、サーバーに払うチップの目安は15%から20%位のようです。

アメリカのチップについて詳しくは アメリカに行ったらチップは

バーやレストランでよく使う Pick up the tabの意味と使い方

FB投稿ページ

その他のお勧め投稿記事

「バーで使える英語」

「夢中熱中ハマってると言う時の英語表現」

 知っていると得する「Almost」のこんな使い方

「お酒に強い」 「お酒に弱い」を英語でいうと

 覚えておきたい 会話やメールで使う 「英語の過去形」

その他の表現は 英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。
体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター    http://twitter.com/nea_english