「Let bygones be bygones」   の意味

 

「Let bygones be bygones」は、
「Let’s forget about the past」と同じ意味の諺です。

両方とも、すでに終わってしまった事や過ぎた事は
悔やんでも仕方がない どうしようもない事だから、
「過去は水に流そう」「過去の事は忘れよう」と
言う意味です。

和解したい時、けんかをした後で仲直りしたい時に
このことわざを引用、使う人もいます。

「時は薬なり」「時が解決してくれる」を英語で言うと

「雨の降り方」を表す英語の表現

「秋刀魚の塩焼き」に関する英語の表現

その他の表現は英語の表現集一覧 からそれぞれのページを選んで見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら、気軽に楽しく身につく英語が習えます。
体験レッスンは名古屋・栄・伏見で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際と同じ内容のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  をご覧下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター    http://twitter.com/nea_english