「使う時は要注意な英語表現」

文法的には間違ってなくても、
相手や状況により、
使うとまずい表現は沢山あります。

今回ピックアップした表現は「had better
主語をYouにした「You’d better」は、
特に注意して使う方がよい表現です。

Had betterの意味と使い方】
意味は … すべきだ… しろ
(そうしないと、まずいことになる)

特定の状況強めにアドバイスする時注意を促す時に使う表現です。
従わないと悪い事や問題が起こる危険な目にあうと言う時に使う事が多いです。

また、現在や近い未来の事に対する強めの忠告注意命令を表します。
特にYou’d better自分の忠告を押しつけ上から目線で命令する感じに聞こえます。
相手や状況によりますが、普通は使わない方が良い場合が多いです。

<例文>
You’d better not be late again, or you’ll get fired.
もう二度と遅刻するなよ、でないとクビだぞ。

I’m tired. I’d better go to sleep now.
わたし疲れた。もう寝ないとまずい。

He’d better not do that, or else he’ll be in trouble.
彼は、それをやるべきじゃない。さもないと厄介なことになる。

We’d better hurry, or we’ll miss the last train home.
マジで急がないと、俺たち終電に乗り遅れて家に帰れなくなる。

誤解されない言い換え表現
口語で … た方がいいよと言いたい時は「should」を使って言います。
ちょっと提案や助言をしてあげたい時、また自分の意見を言う時にも使えます。

<例文>
You should try this.
これ、試してみて、お勧めだよ。

I don’t think we should go there.
そこには行かない方がいいと思う。

相手の意見を聞きたい時アドバイスしてもらいたい時は疑問文にして言います。
<例文>
What time should we meet?
何時に会う?

Should I get a new iPhone?
新しいiPhoneに買い替えた方がいいと思う?

また、一人ごとを言う時にも疑問文にして言えます。
<例文>
What should I eat for dinner?
晩ご飯、何にしようかな?

Should の基本となる使い方>
1) 提案や助言する時また意見を言う時
… たほうがよい

<例文>
You should see the movie. It’s great.
あの映画、見てみて。凄くいいよ。

2) 意見を聞く時アドバイスしてもらいたい時
… うかなた方がいいかな

<例文>
Should I get this or that?
これとあれ、どっちにしたらいいかな?

3) 義務や必要性一般的な習慣を言う時
… するのが正しいそうするべき

<例文>
You shouldn’t drink and drive.
飲酒運転をするべきではない。

4) 当然推量予期することを言う時
当然 … だ… するはずだ

<例文>
Your order should arrive within 2-3 days.
ご注文品は2、3日中に届くはずです。

FB投稿ページ

「使わない方が良い英語の表現」その1

「Make things happen / Make it happen」の意味

「Congrats! / Grats!」の意味と例文

「天気や天候に関する英語の表現」

その他の表現は 英語の表現集一覧 からページを選び見て下さい。

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく身につく英語が習えます。
体験レッスンは名古屋栄で実施しています。
入会前にどんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくはウェブサイトの 体験レッスンページ  を見て下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター    http://twitter.com/nea_english