「teach と tell の違いと使い方」

 

「メアド教えて」とか「電話番号を教えてください」と言いたい時は、 
‘teach me’ と ‘tell me’ どっちを使って言ったらよいでしょうか?

 

“ teach me ” と “ tell me ”
両方とも「私に教えて」と訳せますが、使い分けが必要です。
意外に間違って使っている人が多いので、teach と tell の使い方を
まとめてみました。 

1) teach 教える/教育する 
学問や専門的知識、技術、やり方等を教えるという時に使います。
<例文> 
My grandfather taught me how to play Japanese chess. 
祖父は将棋のやり方を教えてくれた。 
His father teaches chemistry at the local high school. 
彼の父親は地元の高校で化学を教えています。 

 

2) tell 伝えて教える/告げる/話す 
相手が知らないこと、情報を伝えて教えるという時に使います。 
<例文> 
Can you tell me if there is a bank near here? 
この近くに銀行があるかどうか教えてもらえますか?
Please tell me your new address. 
新住所教えて。 

 

3) またshow にも日本語の教えるという意味があります。 
例えば地図を見ながら、図を描いて、又実演して示し教える時です。 
あるいは、実際に一緒に行き案内して見せる時にも使います。 
<例文> 
She showed me how to use chopsticks correctly. 
彼女は正しい箸の使い方を実際にやって見せて教えてくれた。 
Can you show me how to use this photocopier? 
このコピー機の使い方を教えてもらえますか? 

 

「teach と tell の使い分け」 
He taught me science. 
彼は理科を教えてくれた。
(彼から学科として理科を教えてもらった) 
Can you tell me your mobile number? 
携帯の番号教えてもらえる? 
(携帯番号を知らないので、その情報を教えてもらいたい) 

 

「show と tell の使い分け」 
Could you show me the way to the museum? 
美術館への行き方を教えて頂けませんか? 
(地図で示してもらうか同行してもらうかして教えてもらいたい) 
Can you tell me how to get to the nearest bank? 
最寄りの銀行へはどう行ったらいいですか? 
(口頭で簡単に教えてもらいたい) 

 

名古屋のNEA英会話なら気軽に楽しく英語が習えます。

体験レッスンは、名古屋栄で実施しています。
入会前に、どんなレッスンなのか実際のレッスンが体験できます。
詳しくは、ウェブサイトの 体験レッスンページ  をご覧下さい。

名古屋 NEA英会話
ウェブサイト    http://www.nea-english.com/ 
フェイスブック https://www.facebook.com/nea.eigo
ツイッター     http://twitter.com/nea_english